クッパを初めて作って食べてみた事

“最近クッパを作って食べました。
材料の方はご飯・牛肉・もやし・ほうれん草・人参・キムチの素・鶏がらスープの素・醤油・ニンニク・ごま油・塩コショウです。
まず牛肉を食べやすい大きさに切ってニンニクと醤油とごま油で下味をつけていきます。
次に沸騰したお湯の中にほうれん草ともやしと人参を別々で茹でそれを醤油とごま油と塩コショウで各味をつけていきます。
それからスープの方ですが、鍋に水と鶏がらスープの素を入れふつふつとしてきたらキムチの素を加え混ぜ塩コショウで味を調えたらこれでスープの方は完成と言う事で後は下味をつけておいた牛肉をフライパンに油をひいて焼いたら最後お皿にご飯を盛りもやしとほうれん草と人参をのせその上にお肉をのせスープの方をかけたらクッパの出来上がりです。
ピリッと辛いスープとご飯がよく絡んでとても美味しく出来ました。
今回クッパを家で作るのは初めてたっだのですが、ビビンバスープご飯と言う感じで家で作って食べるのも良いかもとちょっと思いました。”5万円で解決してくれる弁護士事務所

1億円着服の疑いがかけられたら?

市立総合病院に勤めている50代の男性職員が3年間にわたり、医療費約1億円を着服した疑いがあることが分かったようです。
医療費還付金の制度を悪用し着服したとするのですが、男性は事実はないとしていて認めていません。

男性は自分に出来ることではないし、大きなお金でそんなことをしてもバレてしまうことは分かっているとでも言いたそうです。
真実はまだ分かりませんが、疑いがあるとするならばそれなりに裏が取れているということではないでしょうか。
例えば、毎晩のように高級クラブに出入りしているとか、そんな裏がないと発覚することではないと思うのです。
そうでないなら、自分がその立場になったとしても言い訳するに決まっています。

今そのような疑いがかけられたなら、逆に警察に訴えて会社を告訴する方向に持って行くでしょうね。
少しのほころびをつつかれて、全てを自分のせいにされてしまうのは、納得できることではありません。
出来ることは全て完璧に処理して、仕事を全うしたいなと考えましたね。

とんでもないことをしてしまう

うちのこたころ、セラピードッグとしか言いようがありませんな

うちのこたころ、セラピードッグですね。
疲れている時、慰めてくれる良いわんこです。
今日はトリマーさんで毛を切ってもらって、とてもすっきりとした感じで、かなり癒されるように思えます。

セラピードッグは、ご存知と思いますが、高齢者や、障がい者、少年刑務所などに使われる犬の事だそうです。
刑務所というと、なんだかドーベルマンっぽいものが、うろうろしていて、アメリカ風の泥棒が、よし逃げるぞ、なんてイメージが出たのは自分だけでしょうか。
実際、日本の刑務所といっても、多岐に渡り、基本的には、更生してもらうためにいるわんこなんでしょうね。
少年刑務所のイメージが、正直な所、僕は前科者ではないため、わからないのですが、結構厳しい所だというイメージがありますね。

セラピードッグは、確かに殺伐とした家に、優しさと癒しをもたらすとは思いますよ。
なんで、うちのこたころは、高齢者の親に引っ張りだこです。
誰にでもなついで、愛想がいいですし、やっぱりかわいいですから、みんなのアイドル犬になってもおかしくないと思います。
やはり癒しには勝てません。

というわけで、セラピードッグ、やはり猫より犬の方が、日本人は愛してしまう傾向があるのか、などと思って書いていました。

もっとも人気のある求人サイトとして、看護師さんの評判となっています